• 結婚式した
  • 挙式会場の評価 点数5.0
  • Parisさん女性
  • 投稿日:2009年03月
  • 挙式日:2008年04月
  • 渡航日程:8泊9日
挙式会場5現地パーティー5ドレス・ビューティ5手配会社(国内カウンター)5
ロケーション5現地スタッフ5フォト・ビデオ5手配会社(挙式プロデュース)5

挙式会場について

セーヌ河沿いにあるブルーのステンドグラスがとても美しいチャーチです。中にはティファニー社から寄贈されたステンドグラスもあります。パイプオルガンの音色が素晴らしかったです。優しい神父様の笑顔に感激し、涙が止まりませんでした。一年前に改装工事が行われたのでキレイですよ!

ロケーションについて

セーヌ河沿いにあります。宿泊していたルーブル美術館隣りのホテル~チャーチ迄車で15分程だったでしょうか。

現地パーティーについて

二人きりの挙式だったのでパーティーはしませんでしたが、別途、セーヌ河のクルージングディナーを申し込みました。確か、25,000円/人程しましたが、キラキラ輝くエッフェル塔や挙式したチャーチ、自由の女神等眺められ、最高でした!生バンドもあり、お料理も美味しく、まるで夢見心地でした。オススメです!

現地スタッフについて

日本人スタッフがホテルまで向かえに来てくれました。一番気になるヘアメイクも日本人が対応してくれたので、安心して任せられました。アテンドして下さった方も持参したデジカメで写真を撮ってくれたり、神父様のお言葉を訳して下さったり、不安になる事は何もありませんでした。

フォト・ビデオについて

カメラマンは何故か日本語ペラペラの韓国人でした。とても気さくな方で、色んなポーズで撮ってもらいました。日本人に「笑って!」と言われるより、かえって自然に撮ってもらえた気がします。ビデオは撮りたかったのですが、お値段が結構高かったので、あきらめました。

手配会社(国内カウンター)の対応について

挙式からハネムーン(オリジナル)迄、全てお任せしたのですが、いつも笑顔で迅速に対応して下さいました。ワタベにお願いして良かったと思います。

海外挙式エリアを選んだ理由

新婚旅行は二人共行った事のないヨーロッパに行くと決めていたのがキッカケです。主人の両親(日本人)は海外在住でビザの切替時期と重なり、国外に出るのが難しい状態でしたので、思い切って海外で二人だけの挙式をする事にしました。母親は飛行機嫌いなので、最初から行くつもりにはなれなかった様ですが、父親は最後の最後まで行きたそうでした。ちょっと申し訳なかった・・・。

挙式会場を選んだ理由

ブルーのステンドグラスが美しいチャーチだったので、アメリカン・チャーチに決めました。結婚前に主人からティファニーのジュエリーをもらっていたので、ティファニー社寄贈のステンドグラスがあるチャーチに縁を感じました。リングトレイはティファニー製のガラスのハートの器です。丁度、改装直後の挙式だったのでキレイになっていて良かったデス♪

  • ※挙式の取り扱い有無についての最新情報は各手配会社にお問い合わせください。
    またクチコミについてのお問い合わせはこちらからお願いします。
  • グッドラック・コーポレーション

海外ウエディング情報

キャンペーン