MONEY GUIDE

海外挙式のお金・費用徹底ガイド

海外挙式のお金・費用徹底ガイド

憧れの海外ウエディング。

実際に挙式をするとなると、やっぱり気になるのがお金のこと。
海外挙式の費用は、挙げるエリアやシーズンによっても大きく変わってきます。逆に言えば、予算やスタイルに合わせて柔軟に挙式プランが組み立てられるということ。2人だけの挙式、おめでた挙式、子連れ挙式、親族と仲の良い友だちだけの少人数ウエディングなど、小規模での挙式が一般的なので、国内で挙式・披露宴をする結婚式よりもグッと費用を抑えられる可能性があります。海外挙式に必要な費用は挙式費用&旅行費用。これにビデオ撮影、ロケーションフォト、現地パーティなどのオプションを追加する費用が加わります。「ハネムーンだからホテルは豪華に」、「ビデオやアルバムで想い出はしっかり残したい」など、費用のかけどころを決めて、メリハリのあるお金の配分をするのがポイントです。

海外挙式の
お金の基礎知識

みんなが気になる海外挙式の費用のこと。お金のかけどころやお得に挙げる方法をウエディングパーク海外編集部が伝授します!

海外挙式の費用はどこから?

国内のようにゲストからご祝儀をもらわないことが多い海外挙式。費用の出どころは次の3つが挙げられます。

  • 結婚式のための
    ふたりの貯金
    お互いの貯金の中からいくらまでなら挙式に使えるかを検討。結婚は引っ越しや家具購入などいろいろとお金が必要になってくるので、余裕をもって計画を。女性のほうがヘアメイクやドレスにお金がかかるので、その分多めに負担する場合もあります。
  • 両親からの援助
    結婚のお祝い金、結婚式準備資金として両親から援助があることも。最近では各家から50万~100万円というのが相場ですが、それぞれの家庭の事情も考慮して、ひとまずは自分たちの資金でやりくりすることを考えましょう。
  • ゲストからの
    ご祝儀
    ゲストのご祝儀は辞退する代わりに現地までの渡航費を負担して頂くのが一般的ですが、それでもご祝儀を包んで頂くケースもあります。ただ、あくまでもお気持ちですので、当初の予算からは外しておきましょう。

海外挙式ゴージャス費用派

  • 費用
  • 内訳
  • 挙式
    91万円
  • 挙式パック
    46万円
    衣装(購入)
    40万円
    ヘアメイク
    5万円
  • 旅行
    111万円
  • 旅費
    100万円
    現地滞在費
    11万円
  • オプション
    47万円
  • 現地パーティ費
    17万円
    ビデオ・アルバム
    30万円

合計249万円

海外挙式シンプル費用派

  • 費用
  • 内訳
  • 挙式
    22万円
  • 挙式パック
    13万円
    衣装(レンタル)
    6万円
    ヘアメイク
    3万円
  • 旅行
    34万円
  • 旅費
    29万円
    現地滞在費
    5万円
  • オプション
    26万円
  • 現地パーティ費
    10万円
    ビデオ・アルバム
    16万円

合計82万円

※上記は各エリアの平均金額です。目安金額としてご参考ください。ゴージャス挙式派の旅費は往復ビジネスクラス利用を想定しています。同じエリアでも、挙式会場やオプションの有無で費用はかなり違ってきます。ここでは思いきり贅沢なゴージャス挙式派と予算重視のシンプル挙式派の2つのタイプについて、海外挙式の費用のモデルケースをご紹介します。

挙式費用について

ざっくり費用の目安

7万円~25万円

手配会社が用意しているパッケージプランを利用するのが一般的。プランによって違いはありますが、通常は会場使用料、介添料、牧師謝礼、結婚証明書、音楽、ブーケ&ブートニアなど基本的なものが含まれています。レンタル衣装や新婦のヘアメイク、写真アルバムなどがセットになっているお得なプランもありますので、手配会社数社で見積もりをもらい、料金と品質のバランスを見極めながら中身を比較するのがポイント。

ここで費用の差が出る!

シーズン、日取り、時間帯

平日の挙式や、旅行のオフシーズンは料金が安めに設定されている可能性あり。1日何組も挙式が可能な会場では、人気の低い時間帯(朝一番など)限定で割安になることも。

会場の人気度合い

新規にOPEN、ハイクラスのホテル内にある、ウエディング設備が充実、サービスクオリティが高い、常に人気が高い海が見える会場などは料金が多少高めに設定されている可能性あり。ただ、大きな差は出ないので、自分たちがどこで挙式をしたいか、という目線で選ぶのが正解。

挙式+ドレス+写真込みのオトクなプラン

旅行費用について

ざっくり費用の目安

30万円~150万円

航空券代・ホテル宿泊費・滞在中の飲食費なども、海外挙式をするにあたって必要な費用。航空券は日程を一日ずらすだけでも料金がぐっと下がることがあり、場所や期間によって大きな差が出てくる部分です。ゲストをご招待する場合はご祝儀をお断りする代わりに、渡航費を各自で負担して頂くのが一般的。ただ、「親孝行をしたいから」と両親分の渡航費は新郎新婦の2人が負担するケースもあります。自分たちがこだわって費用をかけたいのは挙式か旅行か、まずはポイントを絞ることが大事です。

ここで費用の差が出る!

渡航シーズン

平雨期乾期がある国であれば、雨が降りやすく湿度も高い雨期はオフシーズンでコスト安。GWやお盆時期などみんなが長期休暇を取る時期は渡航料金も跳ね上がりますので、コストを意識するなら避けたいところ。

飛行機のクラス&ホテルのランク

飛行機のクラスをエコノミー・ビジネス・ファーストのいずれにするかでも、渡航料金は大きく変わります。マイレージを溜めている人はマイルで賢くランクアップするのも手です。挙式だけで最低2泊3日は必要なので、どれだけ延泊するかでも旅行代金は変わります。せっかくだからとホテルも5つ星級のハイクラスを狙いたいところですが、前半日程は豪華に、後半日程ではちょっと経済的になどホテルを分けて日程を組むのもお薦め。

挙式+旅行込みのオトクなプラン

オプションについて

アルバム、ビデオ撮影、ビーチフォト、フラワーシャワー、フラダンサーを呼ぶ等の特別な演出は、基本プランに含まれていない場合追加料金でのアレンジ。参列者の送迎や現地でのパーティも基本的にオプションです。手配会社によってオプションが様々にランク分けがされているので、予算の上限を決めて見積もりをもらいましょう。

ここで費用の差が出る!

ドレスのこだわり

デザインやブランドによってドレスの料金もピンキリ。ベールや小物をグレードアップしたり、0からオーダーメイドしたりすれば、おのずと費用は上がります。ただ帰国後パーティでドレスの着用を考えている人は、海外・国内で2回レンタルするよりも購入してしまったほうが割安な場合もあります。

写真・DVDなど想い出を残すアイテム

アルバムの質、カット数、撮影するロケーション数、挙式と撮影とでヘアメイクをチェンジをするかどうかなどで大きく費用は変わってきます。一生に一度のことだから、写真撮影はお金をかけて後悔したくないポイント。内容を見比べてよく検討して。

費用について詳しく知る

  • JTB首都圏
  • 【PR】

海外ウエディング情報

  • 海外ウエディング つぶやき

    海外ウエディングの編集者が、最新の海外ウエディングのトレンド、ニュース、得する情報など「とっておき」のネタをつぶやきます。

  • 結婚準備ガイド

    海外ウエディングの準備に関するお役立ち情報をご紹介。

キャンペーン