MONEY GUIDE

海外挙式の費用・相場徹底ガイド

海外挙式の
お金の基礎知識

みんなが気になる海外挙式の費用のこと。お金のかけどころやお得に挙げる方法をウエディングパーク海外編集部が伝授します!

海外挙式の費用・相場徹底ガイド

憧れの海外ウエディング。

ハワイやグアム、バリなど人気エリアでの挙式。2人だけ、子供と一緒、親しい友人を招いて…と憧れの結婚式スタイル。理想は膨らむけれど、一体どのくらいの挙式費用がかかるのか悩むところ。

挙式エリア・シーズン・スタイルによって大きく変わる海外挙式の費用。ですが、逆に言えば柔軟にプランを組むことで国内での結婚式よりもぐっと費用を抑えられる可能性も。
費用の内訳や相場を理解して、賢く海外挙式をプランニングしましょう!

海外挙式の費用内訳

海外挙式の費用は、大きく3つに分けられます。内訳をしっかり理解して、こだわりたい部分・節約できそうな部分を考えてみましょう!

  • かならずかかる費用
  • 個別に決める費用

旅費

2人の旅費

30〜100万円

渡航日程や座席のクラスで大幅に変動

ゲストの旅費

〜20万円/人

ゲスト負担にするか
招待するかで
費用は大幅に変動

旅費の詳細へ

挙式・パーティー

挙式・ドレス

25〜90万円

  • 挙式:10〜45万
  • 衣裳:10〜40万
  • ヘアメイク:5万程度

現地パーティー

2〜3万円/人

ビデオ・アルバム

15〜30万円

挙式・パーティーの詳細へ

現地滞在費

現地滞在費

10〜30万円

現地での食事・ 観光・
アクティビティ等

おみやげ

〜10万円

現地滞在地の詳細へ

合計

2人のみの場合
80〜260万円
10名でパーティーを開催する場合
100〜300万円

旅費、挙式、現地パーティー、現地滞在費などを合計すると、海外挙式の費用は250万円ほど。国内の結婚式は平均で約230万円(※80名の披露宴)なので、ハネムーンなどを考えると実は海外挙式の方がおトク!

更にグアムやアジアは、ハワイやヨーロッパよりも旅費や現地滞在費が安くなるので、全体的に上記より安くプランニング出来る傾向があります。

気になる!海外挙式の費用はどこから?
  • ※上記は各エリアの平均金額です。目安金額としてご参考ください。
  • ※挙式エリア・挙式会場やオプションの有無、渡航日程(大型連休など)で費用は大幅に変動します。

旅行費用について

ざっくり費用の目安

30万円~150万円

航空券は日程を一日ずらすだけでも料金がぐっと下がることがあり、場所や期間によって大きな差が出てくる部分です。

お2人の旅行費用について
旅行費用は目安の金額に大きな幅があるので、予算に合わせて調整していきましょう。マイレージを溜めている人はマイルで賢くランクアップするのも手です。
ゲストの旅行費用について
ゲストをご招待する場合はご祝儀をお断りする代わりに、渡航費を各自負担して頂くのが一般的。ただ、「親孝行をしたいから」と両親分の渡航費は新郎新婦の2人が負担するケースもあります。

ここで費用の差が出る!

渡航シーズン

雨期・乾期がある国であれば、雨が降りやすく湿度も高い雨期はオフシーズンでコスト安。GWやお盆時期などみんなが長期休暇を取る時期は渡航料金も跳ね上がりますので、コストを意識するなら避けたいところ。

飛行機のクラス&ホテルのランク

飛行機のクラスをエコノミー・ビジネス・ファーストのいずれにするかでも、渡航料金は大きく変わります。また、挙式だけで最低2泊3日は必要なので、どれだけ延泊するかでも旅行代金は変わります。せっかくだからとホテルも5つ星級のハイクラスを狙いたいところですが、前半日程は豪華に、後半日程ではちょっとリーズナブルになどホテルを分けて日程を組むのもお薦め。

関連情報

挙式+旅行込みのオトクなプラン

挙式費用について

ざっくり費用の目安

7万円~25万円

手配会社が用意しているパッケージプランを利用するのが一般的。プランによって違いはありますが、通常は会場使用料、介添料、牧師謝礼、結婚証明書、音楽、ブーケ&ブートニアなど基本的なものが含まれています。

衣裳
デザインやブランドによって料金はピンキリ。ベールや小物をグレードアップしたり、オーダーメイドしたりすれば、おのずと費用は上がります。
ただ帰国後パーティーでドレスの着用を考えている人は、海外・国内で2回レンタルするよりも購入してしまったほうが割安な場合も。
衣裳を現地でレンタルする場合
日本で予め試着したドレスを現地で用意してもらったり、現地でレンタルする場合は渡航時の荷物が減るので楽になります。
衣裳を現地へ持ち込む場合
日本でレンタル(または購入)した衣裳を自分で現地へ持ち込む場合は、機内に手荷物として持ち込むなどの手間がかかります。しかし、幅広い価格・種類から選ぶことができるので、結果的に安く満足するドレスを選べることも。
ヘアメイク
日本人のヘアメイクを指名したり、ヘアメイクのリハーサルをお願いしたりする場合、別途指名料やリハーサル料がかかる場合があります。
オプションについて
写真撮影、ビデオ撮影、アルバムは基本プランに含まれていない場合は追加料金がかかるのが一般的。一生に一度のことだから、特に写真はお金をかけて後悔したくないポイント。こだわるポイントとしては「誰に撮ってもらうか」と「どこで撮るか」の2つ。プロのカメラマンに依頼したり(手配会社によっては指名ができるところも)、挙式会場以外にビーチや市街地でも撮影したり。追加料金がかかることが多いですが、形になって残るものなので検討してみて。
帰国後パーティー
海外挙式の後に、国内で実施するお披露目パーティーのことで、1.5次会とも呼ばれます。開催をするかしないかで大きく予算が変わってきます。開催をする場合は、会費制とご祝儀制の2パターンがあることを覚えておきましょう。
会費制の場合は1人5,000円〜10,000円が相場になるので、会費×人数を上回った費用については実費になります。ご祝儀制の場合は通常の結婚式に近いスタイルになるので、1人あたり平均3万円のご祝儀をいただくのが一般的。会費制のほうがリーズナブルになる傾向があります。

ここで費用の差が出る!

シーズン、日取り、時間帯

平日の挙式や、旅行のオフシーズンは料金が安めに設定されている可能性あり。1日何組も挙式が可能な会場では、人気の低い時間帯(朝一番など)限定で割安になることも。

会場の人気度合い

新規にOPEN、ハイクラスのホテル内にある、ウエディング設備が充実、サービスクオリティが高い、常に人気が高い海が見える会場などは料金が多少高めに設定されている可能性あり。ただ、大きな差は出ないので、自分たちがどこで挙式をしたいか、という目線で選ぶのが正解。

関連情報

挙式+ドレス+写真込みのオトクなプラン

現地滞在費について

ざっくり費用の目安

10万円~40万円

海外挙式は当日だけでなく、もちろん前後の日程でもお金がかかります。 主には現地での食事、観光、アクティビティなど。ゲストと一緒に過ごす場合は、その分を負担するかどうかも検討しておきましょう。

おみやげについて
お仕事を長期でお休みする場合、おみやげと共に結婚の報告をするのがおすすめ。小分けになっていて配れるお菓子などが喜ばれます。

関連情報

海外挙式の費用はどこから?

国内のようにゲストからご祝儀をもらわないことが多い海外挙式。費用の出どころは次の3つが挙げられます。

  • 結婚式のための
    ふたりの貯金
    お互いの貯金の中からいくらまでなら挙式に使えるかを検討。結婚は引っ越しや家具購入などいろいろとお金が必要になってくるので、余裕をもって計画を。女性のほうがヘアメイクやドレスにお金がかかるので、その分多めに負担する場合もあります。
  • 両親からの援助
    結婚のお祝い金、結婚式準備資金として両親から援助があることも。最近では各家から50万~100万円というのが相場ですが、それぞれの家庭の事情も考慮して、ひとまずは自分たちの資金でやりくりすることを考えましょう。
  • ゲストからの
    ご祝儀
    ゲストのご祝儀は辞退する代わりに現地までの渡航費を負担して頂くのが一般的ですが、それでもご祝儀を包んで頂くケースもあります。ただ、あくまでもお気持ちですので、当初の予算からは外しておきましょう。

費用について詳しく知る(見積り・相場)

  • JTB首都圏
  • 【PR】

海外ウエディング情報

キャンペーン