決定版!先輩花嫁が伝授する海外挙式の持ち物リスト

日本国内の結婚式なら、もし忘れ物をしたとしても、たいていのものは揃えられます。家に取りに帰ってもらったりできますし、欲しいものがどこに売っているのかわかるので、すぐに買くこともできます。
でも海外挙式ではそうはいきません!海外に慣れているならともかく、土地勘もなければ、言葉もなかなか通じない現地では、欲しいものをすぐに購入うするのは難しい場合がほとんどです。

結婚式に向けて、幸せな気持ちで飛行機に乗っている中で気付いて不安になったり、挙式当日などにあれがない!これがない!と慌てたりしてしまっては、せっかくの海外ウェディングも台無し。
そうならないように、事前に持ち物をしっかりと確認するようにしましょう。先輩花嫁さん達が「これは必要!」と教えてくれたものをまとめましたので、チェックリストしながらしっかり準備して、素敵な結婚式にしてくださいね。

Contents

  1. 忘れ物なく海外挙式に行くには、事前にチェックリストを作るのがオススメ
  2. 衣装関連の持ち物
  3. 新婦
  4. 新郎
  5. 挙式関連の持ち物
  6. 挙式
  7. パーティ
  8. 「持って行って良かった!」お役立ちアイテム
  9. 忘れ物がないようにチェックリストを作ろう!
  10. まとめ

忘れ物なく海外挙式に行くには、事前にチェックリストを作るのがオススメ

普通に海外旅行をするにしても、忘れ物がないかドキドキとするものですが、それが結婚式となればなおさら。絶対に忘れ物はしたくないですよね。人生で1番輝く瞬間ですから、万全の体制で結婚式を迎えたいもの。
そのためにも、新郎新婦それぞれの衣装一式、挙式で使うアイテム等に分けて海外挙式の準備のチェックリストをご紹介します。先輩花嫁さんたちの声をもとに伝授しますので、海外挙式の準備中の方は必見です!!

衣装関連の持ち物

新婦

1番大事なウエディングドレスはもちろん、下着やアクセサリーなど衣装の持ち物はたくさん。1つ1つしっかりチェックして、当日を気持ちよく迎えましょう。
購入したほうが良いものなどもありますので、「まだ1ヶ月前だし...」などと油断せずにチェックしてみてくださいね!

【ドレスを購入している場合にいるもの】
◆ウエディングドレス
◆ベール
◆グローブ
◆パニエ
◆アクセサリー類

パニエはドレスのラインによります。アクセサリーは、お色直しをする場合は、その衣装ごとに必要になることもありますので、忘れないようにしましょう。ティアラ・ネックレス・イヤリング等、一緒にまとめておくとわかりやすいです。

【ドレスを購入していなくてもいるもの】
◆ウエディングドレス(レンタルでも日本からの持ち込みの場合があるので要注意)
◆ドレス用下着(自分専用でご用意することのがオススメ)
◆白いハンカチ(挙式で必要な場合があるので、あると便利)
◆ドレス用ストッキング(伝線してしまったときのために2つあると安心)

【その他】
◆ドレス用パンプス(ご自身のこだわりのものがある場合はご持参)

新郎

ウエディングドレス同様、タキシードも大事な持ち物です。
スーツとは違い、普段あまり触れない細かいアイテムもあるので忘れずに準備しておきましょう。
各アイテム、自身で購入していればもちろんですが、レンタルでも日本から持参する場合がありますので、しっかり確認しておいてください。

【自分で購入した場合に必須なもの】
※レンタルでも日本から持参の場合があるので要確認
◆タキシード上下
◆シャツ
◆タイ
◆ポケットチーフ
◆サスペンダー
◆タキシード用靴

【購入していなくてもいるもの】
◆シャツの下に着る肌着
◆靴下

【あると便利なもの】
◆カフスボタン(お気に入りのものがあれば)
◆アームバンド

挙式関連の持ち物

挙式

ついつい衣装の忘れ物がないかと力を入れてしまいそうですが、肝心の挙式で使うアイテムも忘れないでくださいね!

◆結婚指輪
◆リングピロー(レンタルできる場合もあり)
◆婚姻届受理証明(ブレッシングの場合)
◆戸籍謄本(リーガル挙式の場合)
◆ゲストブック(人前式の場合)
◆ネイル・ネイルチップ(ご自身でする場合)
◆現地連絡先(ホテル・手配会社・衣装店等)
◆ポチ袋(お手伝いのスタッフへのチップ用)  

パーティ

パーティも実施する場合は、更に持ち物が増えるので要注意!
新郎新婦で持ち切れない場合は、ご両親にお願いするのもありです。
飛行機に乗る際、スーツケースの重さが規定値を超えると追加料金がかかる場合などもあるので、もし協力してもらえる人がいるなら分けて持っていくようにしましょう。

◆プチギフト
◆ウェルカムボード 
◆パーティアイテム 

「持って行って良かった!」お役立ちアイテム

◆挙式用バック
パーティの際に、スマホやハンカチなどを入れて持ち歩けるように、バックを用意しておくと便利です。

◆油取り紙
特にビーチリゾートでの海外挙式の場合は、とても暑い気候であることも考えられます。さっとメイク直しができるようにあぶらとり紙を挙式用バックに忍ばせておくと安心。

◆挙式用メイクの参考写真
国内でリハーサルをしていたとしても、現地でメイクをしてくれる人は違う担当のかたが ほとんど。満足できるメイクにしてもらうには、参考写真を用意しておくと安心です。

◆自身のメイク用品
メイク用品が肌に合わなかったり、また自分でメイクをしたり直したりできるように、自分のメイク用品を持っていく人も多いよう。

◆メイクの際に着脱しやすい羽織 
前開きのガウンなどがあると良いです。

◆絆創膏
大事な海外挙式用に準備している靴は、恐らく新品のはず。またヒールが高いこともあると思うので、絆創膏を持っておくと安心です。靴ずれが痛くて変な歩き方になってしまう...なんてことが無いようにしましょう。

忘れ物がないようにチェックリストを作ろう!

これだけ必要なものが多いと、記憶力がずば抜けていいという人でない限り覚えきれませんよね。でも大事な持ち物なので、必ず忘れないようにしたいもの。少し手間かもしれませんが、自分たちの海外挙式には何がいるのか、ここまであげたものを参考に持ち物チェックリストを作成してみましょう!
用意ができたものから順に横線を引いて消すなり、チェックを入れるなりしてしっかり準備してください。まずはあるかどうかを確認し、あった場合はチェックを入れ、最終的にすべて荷物として完成したら横線を入れるなど、二重チェックにしておくとさらに確実度があがりますよ!

また、チェックし終わったリストを現地に持っていけば、帰ってくるときに忘れ物が無いかも確認ができます。結婚式で使ったアイテムは、思い出がいっぱい詰まった大切な宝物になりますので、一緒に日本に持って帰ってきてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?ドレスやタキシードなど目立つものは忘れないと思っていても、当たり前すぎて忘れてしまうなんてこともあり得ます。海外に限らず、結婚指輪を忘れたなんて声はよく聞きますよ。大事に大事にしすぎて忘れてしまうのでしょう。
そんなことがないようにチェックリストを作成して、パートナーと確認しあいながら準備してくださいね。結婚式前に共同作業で、2人の仲もより一層深まるはず。喧嘩をしないように、前もって余裕をもった準備をしましょう。
そして、準備万端で当日素敵な1日を過ごしてください。

  • JTB首都圏

海外ウエディング情報

キャンペーン