2019年にエアーズロックが登山禁止に!そこで注目される第二のエアーズロックとは?

「エアーズ・ロック」の名で知られるオーストラリアのウルルが、2019年に登山禁止になることが、2017年11月1日にウルル・カタ・ジュタ国立公園から発表されました。

そこで今、第二のエアーズロックが人気を集めています。エアーズロックよりも空港から近く、更に登れる確率が高い「第二のエアーズロック」とは?
2018年にオーストラリア挙式・新婚旅行を控えている方は特に必見です!

エアーズロックに登れなくなる?!

映画や写真で1度は目にしたことがある、オーストラリアのエアーズロック。
エアーズロックという名前は通称で、正式にはウルル(ULULU)。
ウルルは世界最大級の一枚岩のことで、その周囲は10キロメートルにも及びます。

ウルルはもともとアボリジニ(先住民)からオーストラリア政府に貸し出されていたもので、ウルル・カタ・ジュタ国立公園が管理をしていました。その公園は世界遺産にも登録されています。

そんなウルル・カタ・ジュタ国立公園が2017年11月1日に、"Ululu climb to close"(ウルルの登山禁止)というニュースを発表したのです。

理由は「先住民族の聖地を守るため」

ウルルはもともとアボリジニの聖地。
登山も推奨はされておらず、現地には「NO ENTRY」の看板も存在しています。
しかし、「有名な世界遺産に登ってみたい!」という観光客がいたり、登山のツアーが実際に旅行会社によって販売されていたりしており、アボリジニは何年も前から登山禁止を訴えていたそう。

それがようやく正式なものとなったのです。

注目される「第二のエアーズロック」とは?


実は、少し前から注目され始めていた第二のエアーズロック、「ボールドロック」。
こちらもオーストラリアに存在する大きな一枚岩です。

(「エアーズロックへ行く費用の3分の1で行ける第二のエアーズロックとは?!」でもご紹介しているので、こちらも確認してみてくださいね。)

ボールドロックはボールドロック国立公園内にあり、ブリスベンから車で4時間、ゴールドコーストから車で5時間ほどと、日帰りは難しいものの、ウルルよりも圧倒的に都市部からの距離が近いことが特徴です。

そのため、移動費も旅費(宿泊日程が短くて済む)も安く済むため、ウルルに次ぐ「第二のエアーズロック」と呼ばれる名所となり始めているのです。

オーストラリア挙式のあとは、自然を体いっぱいに感じる旅を。

2019年10月26日までならウルルの登山が出来ますし(推奨はされておりません)、それ以降もウルル周辺に行けなくなるわけではありません。
第二のエアーズロックと呼ばれるボールドロックの他、ゴールドコーストのビーチ、ハートリーフが有名なグレートバリアリーフなどオーストラリアには自然がいっぱいです。

オーストラリアでの挙式のあとは、新婚旅行も兼ねて自然を体いっぱいに感じるツアーに参加してみるのも良いですね!

素敵な思い出ができそうです♡

お問い合わせはこちら

AUSTY PTY LTD(オースティ)

オーストラリア挙式のAusty!1日2組限定ゆったり挙式!フォーマルからカジュアルへ大変身!!

オーストラリア挙式は、オーストラリアから上陸して30年のオースティにお任せ!!ゴールドコーストに本社を置くオースティは、「挙式・ドレス・旅行」を三位一体とし、全てを自社で扱うブライダルメーカー。カップルが大切なひと時を存分に味わえる、1日2組の限定挙式。東京、名古屋、大阪にも支社・支店を展開し、東京 青山のショールームにはアトリエを構え、新作ウェディングドレスも豊富にご用意!「Face to Face、Heart to Heart」でそれぞれのカップルにとって最高の挙式をプロデュース!パンフレット上では知りえない良い所も悪い所も全て教えます!是非一度ショールームに訪問してみて!

もっと詳しく見る
  • JTB首都圏
  • 【PR】

海外ウエディング情報

キャンペーン