雨でも大丈夫!ハワイ挙式を楽しむ5つのポイント

誰もが憧れるハワイ結婚式。でも、ハワイだって365日快晴というわけではありません。もし雨が降ってしまったらどうしよう?そんなことを心配する方も多いかと思います。でも、もし雨が降ってしまっても十分に挙式を楽しめるポイントがあるんです。いったいそれはどういうことでしょうか?5つのポイントに絞って、まとめてみました。

■実は、雨の日に挙げる結婚式は縁起がいい!?

日本には、「雨降って地固まる」ということわざがありますよね。これは、雨が降ることによって地盤がしっかりする。つまり結婚式に雨が降ることで、2人のこれからの生活がしっかり進むということを暗示しているのです。また、外国にも似たような言い伝えがあります。フランスに伝わる言い伝えで、「天が2人のために涙を流す」というものがあります。これは、これからの幸せのために、雨が降ってくれたということ。この他にも、世界中に「雨は縁起がいい」という言い伝えがあります。そんな縁起のいい日に結婚式が出来るなんて、逆にありがたいと思うべきかもしれませんね。

■雨が降っても差し支えない式場を事前に選んでおけば安心

心配事は、事前に潰してしまえば大丈夫です。もし雨が降ってしまった時の心配事と言えば、記念撮影を雨の中でやらなければいけなかったり、ブーケトスなどのイベントができなくなったりすることですよね。それなら、屋外のパーティー会場に屋根が付いている式場を選んだり、イベントを屋内でやらせてもらえる式場を探せばいいのです。また、開放感のある式場は、いざ雨が降った時に天気の影響がダイレクトに伝わることもあります。雨が降ることが当たり前だと考え直して、すべての可能性が起きると考え、最善の準備をしておくことが大切です。

■雨の日限定!あいあい傘の演出ができちゃう

雨が降ってしまったら、もう仕方がありません!出来るだけポジティブに考えるようにしましょう。傘を差さないといけなくなるので、今の状況を十分に活用することにしましょう。傘と言ったら、やっぱりあいあい傘。2人で仲良くひとつの傘に入って、ラブラブっぷりを見せ付けちゃいましょう!式に来ていた他のご夫婦や、互いの親御さんにもあいあい傘をしてもらって記念写真を撮ったら一生の思い出になりそうです。雨が降った時にしかできないこの演出。せっかくですからたっぷり楽しんじゃいましょう!

■かわいい傘を用意しておいて、センスアピール!

もし雨が降ったとしたら、頻繁に人前で使うことになる傘。それなら、この機会に少し奮発してかわいい傘を購入するのはいかがでしょうか。ずっとほしかったブランドものの傘も、結婚式のためなら買いやすいはず。ちょっとあくどい考えかもしれませんが、写真に写る時も、可愛い傘を使っていれば、違和感なくいろんな人にセンスアピールすることができます。式のために買ったとしても、傘なら式が終わってからも続けて使うことが出来るのもいいところです。旦那様とお揃いの傘を購入するのもいいかもしれません!

■もういっそ笑い話にしてしまおう+虹も出るかも!

逆に言ったら、きっとゲストとして呼ばれたお友達のみなさんはあなたの結婚式を絶対に忘れないはずです。せっかくハワイで結婚式を挙げたのに雨が降ってしまった、それでも楽しくやりきった!そんな話、これから役に立たないわけがないです。友達に話すすべらない話として、きっと皆さんを助けてくれることでしょう。ポジティブシンキングです。また、雨が降ったら虹が出る可能性もあるということです。晴れている日は虹なんか出ません。「雨が降ってくれた」と考えて、雨の日の結婚式をできるだけ楽しむ心意気が大事だということです!

この記事についたキーワード

  • JTB首都圏

海外ウエディング情報

キャンペーン